医療脱毛・スキンケアなら渋谷の美容皮膚科渋谷皮フ科医院医療脱毛・スキンケアなら渋谷の美容皮膚科渋谷皮フ科医院

皮膚トラブル・老化によるお悩みなら渋谷皮フ科医院
トップページ施術一覧 > 医療毛髪再生HARG(薄毛でお悩みの女性にも)

医療毛髪再生HARG(薄毛でお悩みの女性にも)

自分の髪で生きていく。終わりがある薄毛治療。HARG®(ハーグ)療法 細胞から自ら生える頭皮へ 実際の施術の様子 終わりがある薄毛治療。HARG®(ハーグ)療法とは 毛髪の「細胞活性治療」とは? HARG®(ハーグ)療法を用いた薄毛治療とは? HARG®(ハーグ)療法 発毛のメカニズム HARG®(ハーグ)療法 発毛のメカニズム HARG®(ハーグ)療法 発毛のメカニズム 抜ける怖さから解放。正常なヘアサイクルが続く、自分の髪で生きていける。 HARG®(ハーグ)療法に使う薬剤とは? HARG®(ハーグ)療法に使う薬剤とは? HARG®(ハーグ)療法で使用される薬剤「ハーグカクテル」は・・・ HARG®(ハーグ)療法で使用される薬剤「ハーグカクテル」は・・・ どうやって製造されているの? どうやって治療するのか? 頭皮に注入って痛くないの? HARG®(ハーグ)療法なら、頭皮の細胞状態が変わります。 HARG®(ハーグ)療法なら、頭皮の細胞状態が変わります。 さらに、HARG®(ハーグ)療法は、女性の方にも安全に受けていただけます 一般的な薬を飲み続ける治療とHARG®(ハーグ)療法で比べてみました。 症状が進行すると薄毛範囲が広がります。薄毛かな?と思ったときこそ自己ケアではなく医療機関へ ひとりで悩まずに、まずはクリニックに相談してください!
自分の髪で生きていく。終わりがある薄毛治療。HARG®(ハーグ)療法 細胞から自ら生える頭皮へ 細胞から自ら生える頭皮へ 実際の施術の様子 終わりがある薄毛治療。HARG®(ハーグ)療法とは 毛髪の「細胞活性治療」とは? HARG®(ハーグ)療法を用いた薄毛治療とは? HARG®(ハーグ)療法 発毛のメカニズム HARG®(ハーグ)療法 発毛のメカニズム HARG®(ハーグ)療法 発毛のメカニズム 抜ける怖さから解放。正常なヘアサイクルが続く、自分の髪で生きていける。 HARG®(ハーグ)療法に使う薬剤とは? HARG®(ハーグ)療法で使用される薬剤「ハーグカクテル」は・・・ HARG®(ハーグ)療法で使用される薬剤「ハーグカクテル」は・・・ どうやって製造されているの? どうやって治療するのか? 頭皮に注入って痛くないの? HARG®(ハーグ)療法なら、頭皮の細胞状態が変わります。 HARG®(ハーグ)療法なら、頭皮の細胞状態が変わります。 さらに、HARG®(ハーグ)療法は、女性の方にも安全に受けていただけます 一般的な薬を飲み続ける治療とHARG®(ハーグ)療法で比べてみました。 症状が進行すると薄毛範囲が広がります。薄毛かな?と思ったときこそ自己ケアではなく医療機関へ ひとりで悩まずに、まずはクリニックに相談してください!

HARG療法は発毛・育毛に重要な成長因子を含んだ薬剤を頭皮に直接注入することで、機能の低下した毛母細胞に直接働きかけ活性化させる治療です。細胞さえ生きていれば薄毛の原因に関係なく、発毛効果が期待できます。

HARG療法は、発毛組織である毛乳頭や毛包から失われた成長因子を補充して細胞レベルでの再生を促し、毛幹を再生成長させます。
さらにブフロメジルにより血流を促進させる機能を持たせ、プロペシア・ミノキシジルなどとの併用で検証された「毛髪再生治療」を総称して「HARG(ハーグ)」療法と呼びます。
「HARG(ハーグ)」療法で補充されるヒト成長因子は、脂肪細胞から培養された脂肪幹細胞からウィルスフリーで抽出されたアレルギー反応のないプロテイン(グロスファクター)でその数は150種以上にも及び(通常は2〜3種類)それぞれが発毛に関与して発毛効果を高めます。
2008年、「日本医療毛髪再生研究会(会長:福岡大太朗 医学博士)」が組織され、ハンズオントレーニングを終了した国内限定の指定クリニックにおいてのみHARG(ハーグ)療法が承認されています。

日本医療毛髪再生研究会について
– Japan Hair Re-Generative Medical Association –
「日本医療毛髪再生研究会」は、より安全で効果の高い毛髪再生治療の確立と提供を目指し、世界各国の研究者と連携して研究を行っています。
これにより成長因子(Growth Factor)を用いた毛髪再生医療「HARG療法」に着目し、医療機関でしか施術することのできない毛髪再生を実証しました。

理事
会長 福岡 大太朗 医師(横浜みなとクリニック 西新宿ハーグ治療センタークリニック院長)
副会長 石井 良典 医師(スキンクリニックグループ 総院長)
主任理事 南 晴洋 医師(南クリニック名古屋 東京総院長)

HARG療法のメカニズム

毛髪が育つ毛根部は「毛包」が主体となっています。毛包とは、毛穴よりも下にあり毛根を包んでいる袋状の組織のことで、髪の毛が造り育てられていく過程で非常に大切な組織といえます。
HARG療法では、さまざまな成長因子が取り込まれた「HARGカクテル」を浸透させることで、この毛包が再生し、次第に発毛してくるようになるのです。

◎成長因子について
人間の細胞は常に周りの細胞にシグナルを出し、血液や体液から栄養を取り込んで成長しています。毛髪も同じで、その元気が無くなるのは成長するための栄養が不足する事がひとつの要因となっています。最も効果的な毛髪再生は、その栄養を直接補充すれば良いのです。
HARG療法では毛髪に成長因子を与えていき、その成長因子が細胞間のシグナルの代わりをして毛髪に栄養を呼び込んでくれます。
さらに再生された毛髪へ定期的に成長因子を与えることで、細胞のシグナルを出し続けてくれますから元気な毛周期を繰り返すこととなります。

HARG療法の適応症状

HARG療法では、様々な原因によって起こる薄毛や脱毛症状について、育毛・増毛効果が期待されていて、男性の薄毛・禿げだけではなく、女性の薄毛の悩みにも大変有効な治療法です。

薄毛や抜け毛の気になる部分

脱毛症状が見られるが、産毛など髪の存在する部分

治療方法

HARG療法では、医療機関でのみ扱うことのできる「成長因子」に、毛髪再生に必要な各種ビタミンやたんぱく質、アミノ酸成分などを配合した「HARGカクテル」を使用します。「HARGカクテル」は、アレルギーの心配もなく、薬剤管理施設にて製造・管理されている安全な薬剤です。さまざまな成長因子が取り込まれているこのHARGカクテルを頭皮にダイレクトに与え毛根まで届けることにより増毛を促していきます。
当クリニックではご希望の方へは麻酔クリームを使用し、頭皮を吸引しながら均一に「HARGカクテル」を頭皮内に注入し、十分浸透させることが可能なバイタルインジェクターという自動注入機を使用しています。

治療回数と治療期間について

HARG療法では、一定期間継続して治療を受けていただくことで効果が現れてきます。症状などで個人差はありますが約3回程度の治療で発毛効果を実感していただけます。

◎治療回数
1クール 6回(3週間間隔)
1/2クール 3回(3週間間隔)
より確実に育毛を促すため、通常6回(1クール)の治療をお受けいただくことをおすすめしています。

◎治療時間
約15分~20分(1回)
※事前に担当医師による十分なカウンセリングと治療法の説明をいたします。

HARG治療の安全性

HARGカクテルと呼ばれるこのヒト成長因子(グロスファクター)は、脂肪幹細胞からタンパク質だけを抽出し、全てのウィルスを除去した上でガンマー減菌されるので安全です。米国CTFAからもその安全性が承認されています。さらに世界中では1,000例以上の臨床試験が繰り返され、国内でも300例を超える検証が行われて、その臨床効果が確認されました。

HARG治療のQ&A

Q.HARG(ハーグ)療法は必ず毛髪再生しますか?
A.禿毛の症状は原因や経年によって個人差が大変多いため、カウンセリングによる患者さん個々の症状に合った治療方法で施術します。2年間の検証では対象となる禿毛部位に対する効果として産毛から細毛、そして丈夫な毛へと成長させる効果が確認されています。

Q. HARG(ハーグ)療法は何回で効果が現れますか?
A.毛髪は一般成人で一日に0.35mm~0.4mmほど伸びていきます。HARG(ハーグ)療法を施術し毛乳頭付近から毛髪が再生してきても頭皮表面にある毛穴まで約3~5mmほどありますので毛穴まで到達するのに約2週間ほどかかります。そこから毛周期に従って産毛から軟毛へと成長します。発毛効果を自覚できるのは3回目の施術後から4回目の施術前(月に一度の施術で3ヶ月目から4ヶ月目)が症例として多く見られますので、ここが一つの目安となります。2回目で効果を実感したケースもあるので個人差があります。

Q. HARG(ハーグ)療法に使用されるグロスファクターは安全ですか?
A.国外(米国・欧州・アジア各国)では数千例が臨床で使用されています。国内でも動物実験と臨床テスト300例を行い、アレルギー起因物質も含まない安全性が確認・検証されています。その安全性と臨床効果は世界的に権威のある「DERMATOLOGIC SURGERY」にも論文掲載され文献となっています。

Q. HARG(ハーグ)療法前にパーマやカラーリングをしてもいいですか?
A. パーマやカラーリングは治療開始の2週間以上前に済ませてください。HARG(ハーグ)療法の期間中(1ヶ月に4~6回の施術)は頭皮注入のためパーマやカラーリングをすることができません。最終施術後から2週間以上経過すればOKです。カットの場合は施術から3日以上空けてください。

Q. HARG(ハーグ)療法の施術時間はどのくらいですか?
A.HARGカクテルの注入方法や施術範囲によって違いますが、注入自体は約10~20分ほどです。施術前後の処置を含め1時間前後が目安となります。

Q. HARG(ハーグ)療法の後、髪をセットしたり洗髪できますか?
A.施術後のセットは、ブラシなどで施術部位をこすったり整髪剤を多量に使用しなければOKです。さらに施術当日は施術部位を刺激しないで軽めのシャンプー洗髪をお勧めします。

Q. HARG(ハーグ)療法で一度発毛すればそのままですか?
A.禿毛の原因にもよりますが、治療中は1カ月おきに注入したカクテルを最短でも2~3ヶ月おきにフォロー注入します。AGA(男性型脱毛症)の場合、6ヶ月間のフォロー注入が必要となった症例もあります。

Q. 副作用の報告は?
A.報告がありません。日本国内で10年以上の臨床実績において、感染・アレルギーの報告はありません。

Q. ドナーは安全なの?
A.もちろんです。生化学検査を行いウイルス感染や慢性疾患などがないことが確認された20歳ドナー1名のものを用いています。

Q. 細胞を注入するの?
A.細胞そのものを投与しません。そのため、以下のような利点があります。
・細胞の癌化のリスク回避(特許番号10-0874613)
・患者様自身から細胞を摂取・培養する必要がありません。

Q. 注射はかなり痛い?
A.麻酔がございますのでご安心ください。麻酔やノンニードル注入法など痛みを和らげる工夫をしております。詳しくはお問い合わせください。

Q. 誰でもHARG®(ハーグ)療法を受けたら発毛しますか?
A.HARG®(ハーグ)療法は毛髪に係る細胞がまだ残っている状態の方が対象です。自分の薄毛タイプ(下図①)を確認し、HARG®(ハーグ)療法の治療対象であるのかご確認ください。

Q. HARG®(ハーグ)療法と同じ治療はありますか?
A.毛髪に係る成長因子を注入する治療は多数存在しています。HARG®(ハーグ)療法は成長因子だけでなく、生体内にあるサイトカインやタンパク質、その他多数入っており、それぞれの細胞の役割に働きかけるので、生体内のバランスを保持しながらヘアサイクルを整えて発毛を促します。また、多数の文献があるのはHARG®(ハーグ)療法です。

医療毛髪再生HARGの料金(税込み)

通常料金

初回料金 60,500円/1回
2回目以降料金 66,000円/1回
麻酔代 2200円

オプション料金

アボルブ 550円/1錠
ヘアケア22,440円/1セット
内容 シャンプー(単品6,380円)・コンディショナー(単品6,380円)・育毛ローション(単品9,680円)